メドックマラソン参加ツアー 2011年報告その2

マラソン当日

いよいよ当日の朝がやってきました。朝食の時からいつもと違った緊張した雰囲気が感じられます。暗いうちからバスに乗ってスタート地点へ。

スタート地点のポイヤックまでは約1時間。途中、ジロンド河に昇る朝日を望み、このときばかりは緊張も解け皆さん朝日を狙ってカメラを構えました。

Page TOP

メドック・マラソン・スタート地点

スタート地点近くまでバスが到着すると続々と仮装したランナーたちが歩いていて、期待と緊張もさらに高まります。かつては思い思いの仮装を楽しんでいた大会ですが最近は仮装のテーマまで決まっています。2011年のテーマは「アニマル!」。

皆さん、思い思いの工夫をして仮装していました。見知らぬ人同士で写真の撮り合いをしたり、同じような仮装の人と写真を一緒に取り合ったり。普段の生活では絶対に会うことのない見知らぬ外人とも打ち溶け合って笑顔です。これがメドックマラソンの楽しいところ。

Page TOP

メドック・マラソン・スタート!!

スタート地点には続々とランナーが集まってきて立錐の余地もなくなった9時30分、いよいよスタートです(2011年は何故か9時25分に繰上げスタート)。この年は例年より暑くなることが予想されたため急遽制限時間も6時間半から7時間に延長となりました。

初めのうちはあたかも仮装パレードのようにゆっくりと動き出しますが、次第にランニングのスピードになっていきます。ここではスピードを出しすぎて後半戦でバテないようにするのがポイントです。

Page TOP

メドック・マラソン 前半

コースは例年微妙に変わりますが2011年のコースは初めからハイライトが現れました。5kmも行かないうちに5大シャトーの一つ、シャトー・ラトゥールのぶどう畑に入ります。写真では平坦に見えるポイヤックのぶどう畑も細かいアップダウンが多いのでここでもペースを乱さないように注意。

時折、舗装のない農道を通ってシャトーに立ち寄ったり、シャトー敷地内の玉砂利に脚をとられることもしばしば。これもメドック・マラソンならではの特色なので楽しみましょう。

多くのシャトーでワインを出していますが、ミネラルウォーターもたっぷり用意されています。ミネラルウォーターを飲んで汗とともにワインも流してしまいましょう。

ちょうどハーフに差し掛かるころ(21km地点周辺)、東武トップツアーズもエイド・ステーションを用意しました。お出ししたのは「おにぎり」。腹が減っては戦はできぬ、制限時間をフルに使う人は最後にお腹を空かせないようにここで食料を補給していただきました。応援で参加の方もエイドのお手伝いをしていただきながらここで応援を楽しみました。

Page TOP

メドック・マラソン 後半

後半戦になるといよいよ脚も辛くなってきます。25km地点のシャトー・ムートン・ロッチルト、26km地点のシャトー・ラフィット・ロッチルトの5大シャトーを目標に頑張った人も多かったようです。

さらに続くサンテステフ周辺はコースの中で最もアップダウンの厳しいところ。しかも見通しがよく、遠くのぶどう畑までランナーが走っているのがよく見えます。ここは頑張りどころ。37km地点、丘の上にあるシャトー・モンローズがコース最後のシャトーです。

ここまでくればゴールまであと5km。さすがに疲れたのか歩いてゴールを目指す人も増えてきます。メドック・マラソン名物の地元名産フルコースはここから始まります。最初のバイヨンヌ産生ハムを見逃さないように。続いて牡蠣と白ワイン、ボルドー牛(ここは例年ダンス会場。

疲れを知らぬフランス人たちが踊っています)、デザートのアイスクリームまで食べればゴールは目前です。

Page TOP

メドック・マラソン ゴール!!

ついに感動のゴールです。ゴール地点には赤絨毯が敷かれていて観客からは大きな拍手が送られます。歩いていた人もここで再び走り始めてゴールへと飛び込んでいきます。

完走した人には、完走賞としてオリジナル木箱入りボルドー産ワイン1本、完走メダル、ミネラルウォータ、そして女性にはバラの花が贈られます。

皆さん、疲れ果てながらもいい笑顔でゴール・フィニッシュを迎えました。ゴールのあとも完走者だけが入れるパーティー会場、特産品売り場や、表彰式・・・お祭りの余韻を楽しみ後続のランナーを待ちます。

参加の皆様、お疲れ様でした。

Page TOP

走り抜けたシャトーたち

Page TOP

マラソン打上げパーティー

打上げは、ポイヤックに程近いぶどう畑に囲まれたプチ・シャトーを貸し切って行いました。皆さん、参加賞のメドックマラソンTシャツを着ての参加です。ボルドーの中心にいながらもやっぱり最初の1杯は生ビールで乾杯ですよね !?

シャトーが会場なのでワイナリー見学もします。家族経営の小さなシャトーなので造り手自らの手で樽からのワイン試飲も経験しました。

料理は、ぶどうの枝で焼いたステーキとサラダのシンプルなボルドー式バーベキュー。日が暮れるまで楽しみつくした1日となりました。