トップ ツアー見どころ ボルドー滞在プラン ボルドー&1泊フリー メドック&巡礼の道
10周年記念ツアー
過去ツアーの様子 お客様の声

東武トップツアーズ「メドックマラソン参加ツアー」の特徴とみどころについて

~Le Marathon du Medoc 2019~
メドックマラソン参加ツアー2019

東武トップツアーズ「メドックマラソン参加ツアー」の特徴

世界一楽しいフルマラソンを最大限に楽しむツアーです

弊社の「メドックマラソン参加ツアー」も2010年の第1回目からお陰様で今回で10回目の企画となりました。その間、日本でもメドックマラソンの楽しさが広まり、大会に参加するたくさんのツアーが用意されるようになりました。

弊社のツアーの特徴は、往復の飛行機、空港/ホテル間の送迎、現地の案内・観光のついたフルサービスのパッケージ・ツアーです。

ツアーを企画するにあたっては特に下記の点にもこだわっています。
1.個人ではできない体験を・・・利便性が高く安心して参加できることはもちろん、アクセスが大変、アポイントがとりにくいなど個人では諦めてしまうところに行けるのもツアーのメリット。旅行中、仲間意識ができてマラソン後に喜びをわかちあえるのもグループ旅行ならではの楽しさです。
2.人とのつながりを大切に・・・ツアーの参加者様同士や、旅先で迎えてくれる現地スタッフや地元住民との繋がりを大切にします。毎年訪れる訪問先があるのもそのためです。訪問先のフランス人との関係が密にできるのでより歓迎してくれます。
3.マラソン完走をお手伝い・・・参加するだけで楽しいメドックマラソンですが、完走するともっと楽しい。マラソンコース上に専用のオニギリエイドを設置して皆様をバックアップします。また今年はマラソン・コーチがアドバイス。マラソン初心者でも完走できるようお手伝いをします。
4.ゆったりとした日程・・・ツアーでは毎日充実したプログラムが組まれていますが、訪問先を慌ただしくこなすようなツアーではなくそれぞれの訪問先ではゆったり余裕を持った日程になっています。
5.安全性を常に念頭に・・・ニュースで見るような深刻なトラブルはもちろん、アクシデントや怪我などに極力巻き込まれないよう、万一巻き込まれた時の対応策も含め常に検討していきます。

下記では今回のツアーのおすすめ、見どころを日別にして紹介します。

9月5日(木)のみどころ サンテミリオン&シャトー・クーテットのガーデン・ランチ

ボルドーに到着した翌日はワイナリー訪問とサンテミリオン散策。

ワイナリーはサンテミリオン、グラーブまたはソーテルヌなどのメドック以外のワイナリーを訪問。うち1軒はサンテミリオンのシャトー・クーテットを訪問します。
シャトー・クーテットではワイナリー見学後、シャトーのワインを飲みながらのガーデンランチをお楽しみいただきます。
世界遺産の街、サンテミリオンでは1時間の自由時間。ぶどう畑に囲まれたこじんまりした中世の街中に、修道院などの史跡や修道院からレシピを受け継いだマカロンのお店、高級ワインショップ等があり見どころたっぷりです。

〔写真1〕サンテミリオンの街並み(イメージ)
〔写真2〕シャトー訪問(イメージ、写真はシャトー・クロ・フルテ)
〔写真3〕シャトー・クーテットでのガーデンランチ(イメージ)

9月5日(木)のみどころ
Page TOP

9月5日(木)のみどころ2 シャトー・クーテットのご紹介

シャトー・クーテットはサンテミリオンの斜面、シャトー・アンジェリスなどの錚々たるシャトーに囲まれた絶好の立地にあるシャトーです。

4世紀もの間、一つのファミリーが受け継ぎ、いままでに一切の化学肥料や除草剤も使ったことがないという稀有なシャトーです。そのためシャトーの敷地は、他では絶滅したメルローのクローンや世界でそこだけにしかないといわれる古代チューリップの品種などを今に伝える独自で貴重な生態系を保っています。
弊社のツアーではこの素晴らしいシャトーに2014年から訪問し始め、今ではシャトーのお庭でランチの用意をしてもらうまでの関係になりました。

〔写真1〕評論家から100点満点の評価を受けたクーテットのワイン
〔写真2〕案内はファミリーを受け継ぐイケメンのダヴィッド君
〔写真3〕セラーには古いワインが沢山貯蔵されています

シャトー・クーテットのご紹介
Page TOP

9月6日(金)のみどころ メマラソンEXPO見学とコースの下見、シャトー訪問

マラソン前日はメドックへ

マラソン前日にもメドックを訪れます。メドックではまずコースの下見をします。当日の楽しみもあるのでコース全部の下見はしませんが、一部をバスで走りアップダウンや路面の状況を確認します。一度場所を訪れコースの概要を知ることで当日の作戦も立てやすく、心理的負担も軽くなります。

その他、(1)フランス各地のマラソン大会のブースやメドックマラソン・グッズの公式ショップなどがあるマラソンEXPO訪問、(2)美味しいと地元住民からも人気のレストランで食事と、マラソン・コーチからの最後のアドバイス、(3)メドックの格付けシャトー訪問などを行います。

〔写真1〕シャトー・ラフィット・ロッチルトで記念写真(イメージ)
〔写真2〕格付けシャトー訪問の様子(イメージ)
〔写真3〕ランチ時、マラソン・コーチから最後のアドバイス(イメージ)
〔写真4〕メドックマラソン公認ショップや各地のマラソン紹介ブースがあるマラソンEXPO(イメージ)

9月6日(金)のみどころ
Page TOP

9月7日(土)のみどころ メドックマラソンとシャトーでの打ち上げ

いよいよメドック・マラソンの日です。

早朝、暗い時間にホテルを出てスタート地点に近づくころに夜が明けてきます。バスはホテルからスタート地点最寄の駐車場までノンストップ、荷物の心配なくマラソンに臨めるのもツアーのいいところです。

コース上で気を付けたいアドバイスや見どころシャトー、おすすめワイン・エイドなどは出発前の説明会やマラソン前日に添乗員からレクチャーがあります。また中間地点にはツアー・オリジナルのおにぎりエイドを用意してランナーの皆様を応援します。

マラソン終了後はボルドーに近いシャトー・フレノーを貸切っての打上パーティーです。ワイナリーなので美味しいワインが飲み放題、またオーナーがぶどうの枝で焼いてくれるボルドー風BBQも食べ応え十分です。ワイナリー見学付。

〔写真1〕マラソン本番。目いっぱい楽しみましょう(イメージ)
〔写真2〕ハーフ地点ではおにぎりでエネルギー・チャージ(イメージ)
〔写真3〕おにぎりエイドは青い幟が目印(イメージ)
〔写真4〕打上げシャトーでシャトー・オーナーを中心に(イメージ)

9月7日(土)のみどころ
Page TOP

9月8日(日)の見どころ サンデイウォーク(ボルドー滞在プラン)

[ボルドー滞在プランのみ]
マラソンの翌日は頑張った筋肉をほぐすのに最適なサンデイウォーク。

ぶどう畑をワイナリーに立寄りながら約8~10kmを歩きます。スタート時、タストヴァンと呼ばれるワイン専用の容器が渡されます。ワイナリーではそれを使って試飲をします。マラソンと違って走らないので安心して約10種類程度のワインを飲むことができます。

ボルドー市内には3時~4時ころにもどって来ますので、ボルドーの自由観光も可能です。評判のいいワイン博物館を見学してみてはいかがでしょうか(トラム利用でホテルより約30分)。

〔写真1〕畑の中、林の中、田舎道を歩きます(イメージ)
〔写真2〕予めつまみを買っておくのがおすすめ(イメージ)
〔写真3〕エイドでは各種ワインが楽しめます(イメージ)

9月8日(日)の見どころ(ボルドー滞在プラン)
Page TOP

9月8日(日)の見どころ スペイン・バスク(メドック&巡礼の道プラン)

[メドック&巡礼の道プランのみ]
ツアー10周年の特別コースでは北スペインのバスク地方を訪れます。

バスク初日は美食の街、サンセバスチアンへ。途中、山バスクに入り、遠く海外からも食べに来る人がいる名物の炭火焼き牛肉チュレタをランチでいただきます。ランチのあとはバスクの地酒チャコリのワイナリーを訪問し、試飲をします。

夜は名物のバルめぐりが楽しめるように旧市街に近いホテルをご用意しました。

〔写真1〕サンセバスチアンのバルめぐり(イメージ)
〔写真2〕チャコリを産むぶどう畑訪問(イメージ)
〔写真3〕名物の炭火焼き牛肉チュレタ(イメージ)

9月8日(日)の見どころ(メドック&巡礼の道プラン)
Page TOP

9月9日(月)の見どころ 巡礼の道を歩く(メドック&巡礼の道プラン)

[メドック&巡礼の道プランのみ]
スペイン2日目は世界遺産、サンチアゴ・デ・コンポステーラの巡礼の道を歩きます。

歩くのは複数ある巡礼の道で最も人気の「フランス人の道」。全長約800kmといわれるうち、星の街「エスティージャ」から山のふもと、ぶどう畑とワイナリーがある「ビジャマヨール・デ・マンハルディン」までの約10kmを歩きます。

途中、蛇口をひねるとワインが出てくる巡礼路の名物「ワインの泉」を通過します(タイミングによりワインが出ないこともあります)。

荷物はバスに積込み、身軽な格好でOK。疲れた場合は途中でバスが待機していますので安心です。

〔写真1〕サンチアゴ・デ・コンポステーラ巡礼の道(イメージ)

9月8日(日)の見どころ(メドック&巡礼の道プラン)
Page TOP

《番外編》~イスタンブール観光(ターキッシュ・エアラインズ利用コース)

ボルドーまでは複数のエアラインをチョイスできるように設定しています。今回おすすめなのがターキッシュ・エアラインズ。

ターキッシュ・エアラインズを利用したコースでは往きと帰りにトランジットでイスタンブールの旧市街に出て食事と観光を楽しみます(往路で朝食とアヤ・ソフィア寺院、ブルー・モスクと観光、復路は夕食)。

イスタンブールから、またはイスタンブールまではボルドー、パリ、ビルボア(スペイン・バスク)ともにそれぞれ直行便を利用しまので往きも帰りも乗継は1回だけで済みます。

〔写真1〕イスタンブール旧市街(イメージ)
〔写真2〕ブルー・モスク内部(イメージ)
〔写真3〕トルコ料理の夕食(イメージ)

イスタンブール観光(ターキッシュ・エアラインズ利用コース)
Page TOP
トップ メドックマラソン ボルドー滞在プラン ボルドー&1泊フリー メドック&巡礼の道
10周年記念ツアー
過去ツアーの様子 お客様の声